【この記事は2018年2月17日にぷらいべったに投稿したものの再掲です】

わーい! 楽しみにしていたタロくんゲストの生放送ポッドキャストが公開されてました♡
さっそく聞いてみたところ、もう初手からノリノリで楽しい感じだったので、五月雨式で聞きながら適宜かいつまんで訳してみました! かなりざっくりした感じですが、楽しんでいただければ嬉しいです♡

☆タロくんの出演は23:37〜44:45ぐらいまでの20分弱です! たっぷり話してくれてて嬉しい!!

・ほんの数日前に(番組ホストの)クリスから連絡が来て「ポッドキャストに出演しない?」「いいけどいつ?」「バレンタイン・デー」「えーちょっと大変だけど、まあなんとかなるかな。いいよ〜」みたいな経緯で来たんだけど。…おれ、400人も観客がいるなんて聞いてないんだけど!! 開始10分前に来てみたらこんなに人がいるなんて! でも大丈夫、それがショウ・ビズだぜベイビー☆ だそうです笑

・現在は「ロケットマン」の準備のためにピアノと歌のレッスンを山ほどしてるとのこと。撮影は5月か6月ぐらいにスタート予定。

・エルトン・ジョンの自伝映画なわけだけど、彼の人生における『アダルトな面』も真正面から描いていて、その快楽主義的なところも描写されている。エルトンの17歳〜32歳ぐらいまでを演じるそうな。

・タロンくん、トムハと同じエージェント。

・もともと歌うのが大好きで、いつかミュージカルもやりたいと思っていたタロンくん。KMGCの撮影前後のあたりで、ましゅぼんに「今度、エルトンの制作会社と一緒にとある映画を作ろうと思っていてね。エルトン役をどうかな?」と聞かれたタロ「(震える小声で)…オーマイゴッド、オーマイゴッド……!!」

・『ファンタジー・ミュージカル』という感じなので、描かれる出来事などはエルトンの人生にわりと忠実だけど、表現方法はときに奇妙でサイケな感じだったりもするそうな。

・ダークな部分からも目をそらさず、それでいて数分ごとに主人公(タロンくん)がTバック姿になるような映画(*注)が作られるのってクールだよね!とのこと♡
(*注: “breaking into (a) thong” と聞こえるんですが、thongではなくsongかもしれません。いえその、「thong」に聞こえるんですけれども、そうするとbreak intoっていう言いまわしが合わないという…break intoするのは主に歌ですもんね。その場合「数分ごとに歌いだす」という感じです。ただ、快楽主義的な話をしていたり、キャンプだよね?っていう話に続くので、どちらも有りかな〜と。はっきりしなくてすみません!!)

・声をどこまでエルトンに似せるか、そもそもどの時代のエルトンに合わせるのか(若いころと今では声が変わっているため)が難しいところだそう。この流れで、タロンくんとクリスがマイケル・ケインの物真似をしていますw(若いころと声が違う有名人、という括り)

・タロン「(エルトンの)しぐさや特徴なんかが織り込まれているのはいいと思うんだけど、あまりにそっくりに真似するよりも、演じている俳優とキャラクターが融合したもののほうが、おもしろいんじゃないかと思うんだ。……って、これは(真似が)あまり上手くなかったときのための予防線だけど(笑)」

・タロビンフッドくんの話。編集はもう終わったんだけど、これから矢を山のようにCGで入れ込まなくちゃいけない、という話を数日前に聞いたばかり。タロビンフッドくんの契約をしたのはKMSSの6ヶ月後ぐらい(*撮影後なのか公開後なのかは判然としません)だったから、かなり長いプロセスだったな〜、と。

・タロくんがロビンフッドをやるべきかどうか迷っているとき、アラン・リックマンから電話がかかってきたそうです! アラン・リックマンは、デクスター・フレッチャー監督とすごく仲が良かったので、その縁もあってのことだそう。そして、監督は(ピーキー・ブラインダーズを撮っている)オットー・バサーストだし、本当にクールな作品になるからやったほうがいい、と背中を押してくれたんだそうです。
ちなみに。アラン・リックマンはRADAのバイス・プレジデントでもあったので、タロンくんが出演した舞台はすべて観に来てくれたそう。本当に心が温かくて、教えを請われれば、誰にでも快く、しかも謙虚な姿勢でアドバイスしてくれるひとだった、と。そしてロビンフッドの件で電話をもらったことは、タロンくんにとって大切な思い出なので、これぐらいしか話せなくてごめんね、とのこと。

・この話題の最後に、タロンくんがフレッチャー監督の物真似をしながら話してくれてるんですが、これがそっくりで大笑いしましたw

☆すみません、眠気マックスなので、いったん中断します〜。続きはまた後ほどここに追加していきたいと思います!

(Visited 60 times, 60 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です